特徴1.キャラクターを変えずに鳴りを改善します。

特徴2.一律のリフェイスではなく、一本一本カスタマイズ対応します。

特徴3.納期3日(送付期間除く、出張時除く)


リフェイスを承ります。 25年以上の演奏経験とマウスピース創りの知見を活かし、あなたのマウスピースのパフォーマンスを最適化します。息の通りを良くしたい、もう少しブライトにしたい、ティース・プレートを直したい、欠けてしまったところを修復したい、などさまざまなご要望にお答えします。納期は輸送を含めて3日ほどです。ご来店いただければ、ほとんどの場合、その場で仕上がります。

 

リフェイスの例:

 

サウンドのキャラクターを変える→テーブルを削りリードとチャンバーの距離を近くすることで、ブライトにし、良く鳴るようにすることが出来ます。これは一般に行なわれている方法です。かなりサウンドのキャラクターが変わります。

 

サウンドのキャラクターを変えずにそのまま鳴りを良くする→フェイシングカーブの調整で可能です。←お勧めです。

 

オープニングを広げる→広げた時にバッフルを元の状態まで下げるとキャラクターあまり変わりません。バッフルを下げない場合ブライトになります。

 

オープニングを狭くする→テーブルを削る方法と先端を落とす方法があります。この場合、バッフルを合わせないとサウンドのキャラクターが変わります。

 

バッフルを落とす→ダークなサウンドになります。抵抗が増します。

 

バッフルを盛る→一般にエポキシでバッフルを盛ります。ブライトになり抵抗が減ります。

 

リフェイス:サイドレールカーブを調整し鳴りを最適化します。ティップ・レールはお好みの厚さに。

 

テーブル調整:高さを整えます。

 

リードミス対策:診断の上、悪い部分を矯正します。

 

オープニング調整:アルトなら0.090、テナーなら0.130インチまで広げることが可能です。

 

マーマデュークのリフェイスは、既成のフェイシングモデルではなく、奏者の好みに合わせて行ないます。

対面、またはお電話にてお話を伺った上で処置を考えます。したがって、特殊調整などの言葉だけでは宣伝いたしません。

 

Q & A

Q:テーブルを削るチューンがありますが、可能ですか?

A:可能ですが、リードとバッフルとの距離が変わるので、ブライトになります。

Q:お勧めのリフェイスはどうな作業ですか?

A:カーブを最適化して、息の通りを良くします。鳴ります。

Q:ティースプレートは修理できますか?

A:削れた部分の補修は可能です。全体交換はしておりません。

Q:バッフルを盛ることは可能ですか?

A:可能です。納期を数日いただきます。

Q:ティップレールは細くしたほうがよいですか?

A:ティップレールはリードと平行な部分です。ここが分厚いとレスポンスが鈍くなります。

Q:サイドレールの幅が違うのですが直したほうがよいですか?

A:リードとの接触面積が変わりますので、リードとの関係に問題がなければ直せます。

Q:チャンバーをスモールに出来ますか?

A:可能ですが、工賃が約1万5千円程度となります。

Q:リードミスがひどいのですが直ります。

A:ほとんどの場合改善できます。

Q:ほかでチューンしたものは直せますか?

A:現物をみて診断いたします。

Q:リフェイスできないマウスピースはありますか?

A:現行のデザイナーブランド、例:Theo Wanne, Ted Klum, Navarro, Woodstone, Drake 等は、デザイナーの思想がきちんと反映されたマウスピースですので改造はいたしません。これは、アーティスト同士の暗黙の了解です。ただし、欠けなどの補修、レールカーブの最適化は承ります。現行、ビンテージの、メイヤー、リンク、セルマー、バンドレン等については、ご要望の改修、リフェイスを承ります。

 

 

音川英二様からコメント戴きました。

 

マーマデュークの宮武さんの所で、チタンネックを試奏していた時に僕の使用中のマウスピースを見てもらい、リフェイスして貰いました。
レールのフェイシングを数回いじって終了‼️
吹いて見ると、全く引っかかりが無くなり倍音が豊かでパワフルな音に変貌してしまいました‼️脱帽❗️
チタンネックも購入してダブルパワーでハリキッてます(^ ^)
ありがとうございます(^ ^)

 

佐藤達哉さまからコメントをいただました。

今回のリフェイスは僕のニーズを確実に満足させてくれました。

宮武氏はマウスピースのディテールを知り尽くしていると言って過言ではありません。奏者の希望と演奏スタイル、個性、加えてマウスピース個体とのバランスを鑑みてトータルにリフェイスを行っています。

 

 

名古屋をベースとして活躍する小濱安浩様からコメントを戴きました。

 

私は在米中から非常に多くのリフェイサーを見てきました。若
きデイブ・ガーデラもその一人です。その中でも宮武さんは、
我々ミュージシャンの要望を確認するために充分なカウンセリ
ングを行い、高い相互理解の上でマウスピースを調整してくれ
る、世界でも有数のリフェイサーだと思います。手がけたマウス
ピースを見れば、その優れた音楽センスと、たゆまぬ企業努力
が伝わってきます。その姿勢がマーマデューク・ブランドの魅
力そのものと言えるのではないでしょうか。

 

料金(税抜):

フェイシング 6,000円から

テーブル 6,000円から15,000円

オープニング、バッフル調整 6,000円から

同一の作業で組み合わせの場合の価格は、合計より低くなります。

例:フェイシング、TIP調整合計8,000円

 

 リフェイスについて問い合わせる

 

 

 




その他のカスタマイズ:

サックスネックジョイントのゴールドプレート 3,240円

フルートのリッププレートのゴールドプレート 3,240円

 

Marmaduke Music

070-6970-5477

marmaduke@jcom.home.ne.jp